最後のナパバレー

今日は移動日、午前中頑張って回ります。
初めは、大好きなカベルネ・ソーヴィニヨンをよく飲んでいた、シェファー
かなり古典的な対応で、予約をしていない為、はいれませんでした、でも、5本のテイスティングで、90分はハードだったので、私たちには、無理でした、キット。

次に向かったのが、
アメリカ国内でも人気の高いワイナリー「シルヴァーオーク」は1972年ナパ・ヴァレーに創業。創業者のジャスティン・メイヤー氏は「Life is Cabernet!(人生はカベルネ)」というキャッチフレーズを掲げ、カベルネ・ソーヴィニョンに愛情を注ぎ、人気のプレミアムワインを造りだしています。
アメリカンオーク樽での熟成にこだわり、食事にあわせやすいカベルネ・ソーヴィニョンに特化したワイナリーです。アメリカの様々なステーキハウスのワインリストで人気のあるワインとして長く愛されています。

次は、これ又、よくカストールで使っていたフランシスカン
此方は、ボディのバランスも良く、昔は、JALのファーストクラスに使われていました、
でも、日本に入らない、クラスや、ロゼなど、美味しいものがたくさん有りました、
やはり、飲み慣れたものは、懐かしさと美味しさを強く感じます。
と、グランメゾンの安心感ですね。
それぞれ、重たいと思いながら、何本か日本に帰ります。
みなさん楽しみにしていてくださいね。